【鹿児島ぶらり】枕崎市:JR本土最南端の始発&終着駅「枕崎駅」

こんにちわ!

今回はJRの最も南にある「始発&終着駅」をご紹介したいと思います。

「枕崎駅」です!

無人駅にはなりますが、駅舎内には音楽が流れ、自動販売機や休憩スペースがあります。

この駅舎を見て、長年地元を離れていて枕崎駅を知っている方からすると「あれ?」と思う方もいるかもしれません。

以前あった枕崎駅舎は現在の場所から約100m先にありました。

昭和感あふれる駅舎として親しまれていたのですが、2006年に周辺の再開発事業により解体され、

100m指宿寄りにホームのみを新設する形で移動しました。

当初駅舎は設けられていなかったのですが、市民の寄付によって2013年4月に現在の駅舎が完成しました。

なおこの駅舎は「グッドデザイン賞」を受賞しています!

枕崎市民の寄付によってこの駅舎が建てられたとは市民の地元愛を凄く感じました!

線路はここ枕崎から、JR北海道宗谷本線の稚内駅まで繋がっています。

線路一本で鹿児島から北海道まで繋がっている、考えただけで凄いですよね!

また、枕崎稚内は平成24年4月に「友好都市」となっています。

駅のホーム。

駅は枕崎市街地にあるのですが、とても静かでゆったりとした時間が流れていました。

こういうゆったりとした空気で列車を待つっていうのもとても良さそうですよね!

この駅名標に載っている絵は、

枕崎の象徴である「立神岩」になります。

岩がまるで神様が手を合わせているように見えて迫力があります。

夕方には立神岩と夕焼けの美しい情景を見ることが出来ますよ!

指宿枕崎線及びJR線の終点。

この先にはかつて鹿児島交通が運行していた南薩鉄道が加世田や知覧・吹上などを通り終点を伊集院として私鉄路線が繋がっていました。

その周辺では今でも線路の遺構や跡を見ることが可能な所もあるようなので、

機会があれば巡ってみたいと思っています。

今度は反対に線路が伸びている方を眺める。

ここを起点に九州・本州と渡って、北海道へとレールは繋がっています。

駅のホームからはかつおのモニュメントが!流石はかつおの町!

JR終着始発駅である枕崎はのどかな街であるとともに、かつお以外にも焼酎や様々なスポットなど沢山の魅力がある街です!

ぜひ皆さんも行ってみてはいかがでしょうか?

あ!もちろんこの枕崎駅もですよ!

枕崎駅へのアクセス

枕崎駅の場所はこちら(Googleマップ)

タイトルとURLをコピーしました